首ニキビ薬〜ホルモンバランスを整える薬

ホルモンバランスを整える薬

ホルモンバランスを整える薬をまとめました。

 

首ニキビができる原因は様々ですが、その中でもホルモンバランスが崩れることによってできることがあるため外用薬などの外側からのケアとともにホルモンバランスを整える薬を服用することが良いとされています。

 

そこで、ホルモンバランスを整えるのに有効な首ニキビ薬について考えてみましょう。

 

低用量ピル効果と副作用

低用量ピルとは女性ホルモンの類似ホルモンが含まれている合成剤でホルモンバランスを整える効果が期待できます。
副作用は少ないとされていますが、場合によって胸の張りや腹痛、吐き気などが起こることもあります。

中用量ピル効果と副作用

低用量ピルと同じく類似ホルモンの合成剤ですが低用量ピルよりも配合されている量が多いのが特徴で、ホルモンバランスを整えてニキビを改善していく効果が期待できます。
ただ、吐き気や嘔吐などの副作用が強く出る傾向にあります。

プレマリンの効果と副作用

プレマリンは不妊治療や更年期障害の治療などにも使用されホルモンバランスを安定させる効果が期待できるため首ニキビに有効だとされていて、副作用としてはむくみや食欲不振、めまいなどの症状が出ることがあります。

エストリールの効果と副作用

エストリールはエストロゲンを補填する薬でホルモンバランスを整えることで皮脂分泌を抑制しニキビを軽減します。
副作用については胸の痛みや張り、めまいや食欲低下などが考えられますが基本的に子宮や乳腺への影響は少ないとされています。

ルトラールの効果と副作用

ルトラールは、ホルモンバランスを整えてくれるので不妊症にも効果があるとされていますが、副作用としては下痢や嘔吐、腹痛や不正出血などが考えられ場合によって血栓症になるリスクもあるとされています。

ノアルテンの効果と副作用

ノアルテンは、プロゲステロンを補填する薬でこちらもホルモンバランスを整えることでニキビ改善に効果が期待できます。
副作用としては食欲不振や乳房痛、吐き気などのほかに稀にアナフィラキシーショックを起こすことがあるようです。

プロベラの効果と副作用

プロベラは、メドロキシプロゲステロン酢酸エステルという主成分がプロゲステロンと同じ働きをすることでホルモンバランスを整えるとされており、副作用については軽度なものでは腹痛や眠気、発熱などですが場合によってうっ血性心不全や血栓症、乳頭水腫などの副作用があらわれることがあります。

デュファストン効果と副作用

デュファストンは、女性ホルモンを保つ効果によって首ニキビを改善する縫製黄体ホルモン剤の一つです。
副作用として、食欲不振や嘔吐などの症状があるほかに高濃度のものを服用することで胎児奇形や心筋梗塞などの重篤な副作用を起こすことがありますので注意しましょう。