過酸化ベンゾイルの効果と副作用

過酸化ベンゾイルを含む医薬品

過酸化ベンゾイルを含む医薬品は長い間日本では認可されなかったのですが、2015年1月に日本国内でも厚生労働省により認可された事に伴い過酸化ベンゾイルを主成分とした治療薬が2015年4月から使用出来ることとなりました。

 

 

但し皮膚科の医師の処方箋が無いと購入出来ません。

 

そのため最近まで保険適用外での自費診療になる為一部の皮膚科医院で使用されている程度で世間的には余り知られていませんでしたが、アメリカではニキビ治療薬として過酸化ベンゾイル製剤は非常に高い評価を受けておりニキビ治療では一番多く使われている治療薬です。

 

 

そして最近では認可されたことも有り日本国内に於いても過酸化ベンゾイルは顎や首ニキビ等に出来た白ニキビ・黒ニキビなどに良く効くと注目を集め始めております。

 

過酸化ベンゾイルの効果

過酸化ベンゾイルには非常に強力な殺菌作用が有り、またピーリング効果(老化した古い角質を除去して新しく若々しい角質を取り戻す効果)や乾燥促進作用を持つ治療薬で顎や首ニキビに塗布すると酸素を発生し、嫌気性で酸素を嫌うアクネ菌を強力に殺菌する事で症状を改善しきれいな肌を取り戻します。

 

 

ピーリング効果の影響で刺激も強いため、肌の弱い方や皮膚が炎症を起したニキビには逆効果の場合もありますので治療には不向きですが、初期のニキビで炎症の起きていない白ニキビ・黒ニキビなどの治療・治癒には非常に高い効果が期待できます。

 

 

過酸化ベンゾイルは即効性がありますが、その分刺激も非常に強いため副作用が起こる可能性が高いと考えられます。

 

過酸化ベンゾイルの副作用

ピーリング効果の影響も有り場合によっては使用中の刺激感、発赤、かゆみを引き起こす等の副作用が考えられます。
また過酸化ベンゾイルの性質上乾燥肌にも注意が必要です。

 

 

酸化ベンゾイルの治療薬の使用に際しては自己判断は避け専門の医療機関で医師の診察を受けて処方箋を発行して貰い医師や薬剤師の用法用量の説明や注意事項をよく聞き理解して用法用量を守ることが安全に治療薬の効果を最大限引き出すためには非常に大切な事です。